久しぶりの投稿 母親が亡くなったこと

やっぱり、なんやかんやで、自分はブログ好きなんだなと。

だけど、敢えて裏のブログで書こうと思う。

昨日、突然、母が亡くなった。なんの前触れもなく。

まあ、正確には前兆らしきことはあったのかなとは思うけど。

母親との幼少期の思い出で、よかったなと思うことはカナリ少ない。

何かと
「勉強しなさい」
「習い事やりなさい」
と、口うるさかったから。

それがとても嫌だった。

そのおかげで、人と(友達と)の接し方が分からないまま大人になってしまったので、それなりに苦労した。

でも、33歳の時に
「今の両親は、本当の両親では無い」
と知った。

かなり腹立たしかった。でも、3年ほど前に、そのことについては決着がついて、納得して過ごしていた。

で、今、改めて母親のことを思いながら振り返ってみると、

「人様の子を預かったのだから、それは立派な人に育てなくてはならない」
という使命感のもとで、母親は子育てをしてきたのではないかと、気がついた。

その瞬間、感謝の気持ちが芽生えた。

昨日で、両親共々、旅立ったことになる。

残された自分には、何ができるのだろうか。

ただ、言えるのは
「自分らしく生き抜くことは当然で、この体でどれだけ、社会に対して貢献できるのか」
それだけは考えて生きていきたい。

あと自分が何年生きられるのかは知らない。

長生きしたいとは考えていない。(だから、健康診断にも行ってない)

残された人生、悔いなく生きて、自分が生きているこの時間で、どれだけ次の世代たちに貢献できるか。

背中で語って、生き様を見せつけられるのか。

自分なりに頑張っていきたい。